東中野のあきカイロプラクティックは骨盤調整で人気の整体院です!

あきカイロプラクティック


最近よく思い出す寓話

昔々、ある村にとても貧しい老人が住んでいました。その老人は王様にもうらやましがられるほどの、たいそう美しい白馬を飼っておりました。

大金と引き換えに馬を売ってくれという王様の申し出に、老人はこのように答えました。『この馬はわしにとってはただの馬ではございません。人間と同じなのです。人間を、ましてや自分の友を、どうして売ることなどできましょう?』老人はとても貧しかったにも関わらず、決してその馬を売ろうとはしませんでした。

ところがある朝、小屋から馬が消えているではありませんか。村人は口々にはやし立てました。『バカな爺さんだな。絶対いつか盗まれるに違いないって俺たちはわかっていたよ。さっさと売っちまえばよかったのに。哀れなもんだな!』『そう騒ぎ立てる出ない。』老人は答えました。

『馬が小屋からいなくなった。ただそれだけのことじゃ。それが事実で、後のことはお前さんたちが勝手に判断しただけじゃ。これが災難か幸福なのか、わしにはわからんが、物事のほんの断片にすぎないのじゃよ。明日何が起こるのかなど、誰にもわからんだろう?』村人は老人を嘲り笑いました。あの老人はすこし頭がおかしいとは以前からみんなで噂していたのです。

ところがそれから15日ほど経ったある夜、馬が戻ってきました。馬は盗まれたのではなく、逃げ出していただけでした。しかも一頭だけではなく、なんと12頭もの野生の馬たちを連れて戻ってきたのです。

村人たちはまた寄ってたかって言いました。『爺さんの言う通りだった。災難どころか大当たりじゃないか!』『これこれ、また大騒ぎするのか。』老人は言いました。

『馬は戻ってきた。それだけのことじゃ。これが幸運かそうでないか、一体誰にわかる?物事のほんの断片じゃよ。お前さんたちは文章の中の一言だけをあげつらうが、それでどうやってその本の値打ちがわかると言うんじゃね?』

このときばかりは、村人たちも何も言い返しませんでしたが、内心では老人の言うことが納得できませんでした。何しろ12頭もの美しい馬を手に入れたのですから。

そして老人の一人息子が馬たちを調教し始めました。けれど一週間ほど経ったある日、彼は馬から落ちて両足を折る大けがをしてしまいました。

村人たちはまた騒ぎ立てました。『やっぱり、爺さんが正かったな。あれは災難だったんだ。一人息子しか頼る相手がいないってのに、その一人息子の両足が使いものにならなくなるなんてな。前にも増して貧乏になっちまったじゃないか。』『お前さんたちは、物事を決めつけんと気が済まん様じゃな。』老人は言いました。

『そう騒ぐことはない。息子が両足を怪我をした。それだけじゃ。これが災難か幸福かわ誰にもわからん。人生とは小さな出来事の積み重ねに過ぎんし、それ以上の何ものでもないだろう。』

それから数週間が過ぎたころ、彼らの国で戦争が起こり、村の若者は一人残らず招集されました。でも老人の息子だけは、怪我のために徴兵を免れたのです。

村は悲しみとやるせない不満に包まれました。それは勝ち目のない戦いで、若者たちのほとんどが無事に帰還できないことがわかりきっていたからです。

『爺さんの言う通りだった。結局やっぱりあんたは幸福だったのさ。たとえ足が悪くったて、息子はここにいるじゃないか。うちの子はもう二度と帰ってこないんだ。』

『またそうやって決めつけようとするかね。そんなことは誰にもわからん。お前さんたちの息子は兵隊に行き、わしの息子は招集されなかった、それだけのことじゃ。これが吉とでるか凶とでるかは、神様にしかわからんのじゃよ。』

**********

あきカイロプラクティックのご案内

住      所:
164-0003東京都中野区東中野3-11-6誠屋ビル303号室
アクセス:
JR総武線東中野西口より徒歩3分
東京メトロ大江戸線東中野A2出口より徒歩2分
東西線落合1出口より徒歩5分
お問い合わせ・ご予約
03-3368-0656
受付時間:
平日 10:00~20:00
土日 10:00~17:00
定休日:
月・木 その他不定休があります

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ